ハテノウタ

MONOとは

MONOは1989年、立命館大学の演劇サークル「劇団立命芸術劇場」のメンバーを中心に、前身である「B級プラクティス」として結成されました。1991年の第6回公演である『ノーティーナインティーズ』(KSKホール)からMONOに改名。1990年以降の全作品の作・演出を代表の土田英生が務めており、現在メンバーは土田英生、結成よりMONOに参加している水沼健、そして、奥村泰彦、尾方宣久、金替康博の5名です。

『BROTHER』(扇町ミュージアムスクエア)で扇町アクトトライアル'92への参加をきっかけとして、関西小劇場で中心的な役割を果たしていた扇町ミュージアムスクエアで定期的に公演を行うようになります。当時、扇町ミュージアムスクエアでは、劇団☆新感線、南河内万歳一座、リリパット・アーミーなどが公演を行っており、そのような環境で刺激を受けながら、MONOは実力・人気を高めていきました。
その後、1998年に上演した『その鉄塔に男たちはいるという』(AI・HALL)が、翌年に第6回OMS戯曲賞大賞を受賞。2000年には土田英生が咲くやこの花賞、大阪府舞台芸術奨励賞、京都市芸術新人賞を受賞しました。また、2001年に土田が文学座に書き下ろした『崩れた石垣、のぼる鮭たち』が第56回芸術祭賞演劇部門で優秀賞を受賞、2004年に『約三十の嘘』(出演:椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡ら)が映画化されるなど、活躍の幅を広げました。2017年には昨年上演した『裸に勾玉』が大阪文化祭賞を受賞、大阪府下で行われる様々な公演の中から特に優れたものを顕彰する事業で、「維新派」「劇団☆新感線」に続いての受賞となりました。

個人の活動でも、土田英生が『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』・『斉藤さん』シリーズなどのテレビドラマの脚本を手掛けています。また水沼健は自身のユニット「壁ノ花団」で作・演出家としても活動し、その活動で2016年に第34回京都府文化賞奨励賞を受賞しました。奥村泰彦は舞台美術家としても活動し、第14回・第17回読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞。尾方宣久は世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007『キネマと恋人』(2016)、金替康博は東京マハロ『紅をさす』(2016)をはじめとする多数のプロデュース公演に出演しています。

MONOの作品の魅力は、舞台上で交わされる会話の妙と、その空間にリアリティを持たせる舞台美術にあると評されます。現実の世界ではあり得ないだろう非日常の中で、まるで隣にいるかのような市井の人々がコンプレックスを抱えながら生きていること、笑いを交えた会話の中から、時には個人的な時には社会的な問題が浮かび上がってきます。
『ハテノウタ』では、軽妙な会話とオリジナルの曲が人間模様を描きだします。ぜひ、大人による甘酸っぱい青春群像劇をご覧ください。

banner

ハテノウタ新聞

MONOの新作公演『ハテノウタ』に密着取材!!

ハテノウタ新聞では、MONO、新作公演『ハテノウタ』に関する最新情報をお届けいたします。
速報ニュースに加え、土田氏×浦嶋氏の対談、土田氏の『ハテノウタ』インタビュー、意外と知らないMONOの魅力など…毎週木曜日に発行!!

公演情報

ストーリー

ある薬の普及で100歳間近になっても若いままの人々。
服用の度合いによって老け方が違うらしい。
しかし共通しているのは、今年中に全員死ななければならないということだった。
皆は集まり唄う。懐かしいエピソードで盛り上がる。
ただ、未来のことだけは語れないのだ。

軽快な会話とオリジナルの曲で描く人間模様。
大人による甘酸っぱい青春群像劇!

ノート

土田英生、10年くらい前の日記
(『ハテノウタ』仮チラシ掲載テキストより)

2004年3月17日(水)
 プレタマンジェで英語の勉強をしていたら、カップがひっくり返り、凄い勢いでラージサイズのカプチーノがこぼれた。こっちのラージはかなりでかい。テーブル、床、私のジーンズの太腿までカプチーノは侵食した。股間では泡立ったミルクがプチプチ音を立てている。店員の女性達が「ワア」と悲鳴を上げて布巾やらモップやらを持って集まって来た。三人がかりで掃除し、私の服も拭いてくれる。私が謝ると、黒人の女の子が笑って言った。
「私達はみんなキュートだからあなたは幸せよ」
 洒落たことを言いやがる。私も何か返さなければと頭の中で素早く英作文を始めた。
 大体これがダメだ。タイミングが合わないのだ。「英語で考えて日本語には訳すな」と言う人がいるが、大人の私には無理なのだ。どうしても最初に日本語が出て来る。それでもかなり早く私は言ったつもりだった。
「I did it on purpose.(わざと零しました)」
 ……言葉にした時には……やはりタイミングが悪かった。一斉に私を見る。
「わざと零した? なんで?」とスペイン訛りの女性が怒った声で言う。
 私はアワアワした。と、黒人の女の子がぼそっと言った。
「彼は……冗談を言ったんじゃない?」
 残りの二人は「オウ」と言ってから私を見てかすかに笑った。努力して笑顔を作っているのが分かった。私はもうへなへなに萎んだ。
 黙って床に落ちていた消しゴムを拾い、英語の勉強を再開した。
 消しゴムにはMONOと書かれている。
「知らないと思うけど、俺のやっている劇団と同じ名前だよ、フフフ」と呟いた。
 ……この前も書いたが、ロンドンに来る前、私は劇団をやめようかと悩んでいたのだ。けれど、今は続ける気持ちでいる。
 水沼、金替、奥村、尾方……彼らがいる限り、できるところまで続けるのだ。このまま10年、20年と活動してやる。きっとそのうち、彼らと出会った時のように、一緒に芝居が創れる新しい人とも出会うかも知れない。若い女優さんとかも出てたりしてね。ああ、楽しい未来だ。
 帰ったらすぐに映画『約三十の嘘』も公開される。小説も出版される。そして12月にはMONOの公演もあるのだ。
 それにしても、帰りの地下鉄の中でも私からはやたらコーヒーの香りがしていた。セントラルラインは満員なのに。冗談も言えないくせに珈琲の香りを振りまく男、これがロンドンでの私だ。《土田英生のロンドン日記より》

現在の日記は[土田頁] http://tsuchidapage.seesaa.net/


土田英生より皆様へ
(2016.12.21 Cucumberメールニュース掲載テキストより)

 皆様、こんにちは。MONOの土田英生です。年末の忙しい時にすみません。
 今年は『裸に勾玉』という弥生時代の会話劇を上演しました。あれからすでに1年近く経つんですね。時間の流れは疾くてシビアです。

   そんな中、次回公演のお知らせです。
 新作のタイトルは『ハテノウタ』です。
 この作品の構想を思いついた時には興奮しました。自分で言うのは憚られますが秀逸な設定です。
 日常に近い世界ではありますが、ある薬が普及している。この薬を飲めば飲むほど、外見が若く保たれる。寿命も延びる。おかげで超超高齢化社会になっています。だから100歳を迎えるまでに死ななければいけない。安楽死の環境が整っていて、皆、簡単に死ねるんです……見かけは若いまま。
 舞台は高校の同窓会です。カラオケボックスのような場所に集まり、懐かしい歌をうたい盛り上がる。だって同級生ですから。そうなんです。この中に安楽死するメンバーがいるんです。
 ハテノウタとは……人生の涯(はて)に唄う歌ということですね。

 歌もうたいます。ですから浦島りんこさんにも出ていただくことになりました。久保田利伸さんやDREAMS COME TRUEのサポートメンバーとしても活躍し、ミュージカルなどにも多数出演している女優さんです。あとMONOに何度も出演している若い女優さんが3人。そしてMONOの5人のメンバー。その9人が同級生として切なくも愉快な会話を繰り広げます。
 上演日程などはどこかに細かく書いてくれていると思います。とにかく3月です。ぜひ、みなさんお越しください。
 年度末の忙しい時にすみません。

 土田英生


「作品について」
(『ハテノウタ』Press Release掲載テキストより)

 これまで培ってきた会話劇、それを維持したまま音楽劇を創れないか? そう思ったのがきっかけでした。次にカラオケをそのまま舞台にする構想が浮かびました。これなら会話で話を進めながら、劇中で“カラオケとして唄う”ことで、自然に音楽も使えます。
 カラオケにふさわしい設定を考え、まずは「同窓会にしよう」と思いましたが、それでは陳腐な思い出を語るだけの物語になってしまう。そこで考えついたのが、外見はバラバラながら同じ年齢という仕掛けです。
 面白い設定と方法、今回はこの二つを使って新境地を開拓します。

 土田英生

キャスト・スタッフ

  • 舞台美術|柴田隆弘
  • 照明|吉本有輝子(真昼)
  • 音響|堂岡俊弘
  • 音楽|井上太郎
  • 衣裳|大野知英(iroNic ediHt DESIGN ORCHESTRA)
  • 演出助手|山田 翠
  • 演出部|磯村令子
  • 舞台監督|青野守浩
  • イラスト|川崎タカオ
  • 宣伝写真・宣伝美術|西山榮一
  • 大塚美枝(PROPELLER.)
  • 宣伝|小山佳織 間屋口 克
  • 制作|垣脇純子 本郷麻衣 谷口静栄 渡邉裕史
  • WEB|根子敬生
  • 協力|Queen-B 匿名劇壇 ファンキー・ジャム リコモーション radio mono
  • 助成|文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
  • 企画・製作|キューカンバー
  • 京都芸術センター制作支援事業

チケット

一般発売:1月14日(土)10:00-

初MONO特典!! (大阪・北九州・東京公演)

はじめてMONOの公演にご来場の方には公演当日受付で500円のグッズ割引券をプレゼント。
公演パンフレット(500円)などの購入にご使用いただけます。

チケットを買う前に

[1]ペアチケットについて
ペアチケットは「座席指定引換券」です。チケット購入後にお引き取りいただいた「座席指定引換券」を公演当日に受付にご持参ください。 座席を指定したチケット(2枚)と交換いたします。
※「指定席チケット」と「ペアチケット」を混ぜてご購入いただく場合、並びのお席をご用意することはできません。ご了承ください。
※お並びのお席が必要な場合は、指定席(一般 / 25歳以下の方はU-25チケット)をお申込みください。

[2]入場制限など
未就学児童はご入場頂けません。(四日市公演のみ、3歳以上からご入場いただけます。)
※北九州・四日市・東京公演は託児サービスがございます。
U-25チケットをご購入の方は当日証明書をご提示いただきます。

[3]メールの不達について
お申込み翌日になっても受付完了メールが届かない場合、<ticket@cucumber-m.com>までメールでお問合せください。 お申込み翌日までにお問合せがない場合の電子メール不達等のトラブルについては一切責任を負いません。

その他
公演中止など、不測の場合をのぞき、チケット代金お支払い後の返金、日時の変更はできません。

[4]当日精算予約について
公演当日、受付にてチケット代金をお支払いいただきます。
当日精算予約では、座席をお選びいただくことはできません。
MONOオンラインチケットでのみ、座席選択が可能です。

大阪公演

[当日引換 申込フォーム]

携帯からの予約はこちらをクリック!



[PR] SIM比較 ゴールドカード比較 ハウススタジオ 訪問看護 新宿

※お席の指定はできません。公演当日に受付にてご精算いただきます。

北九州公演

3月11日(土)18:00の回は完売しました。当日券の販売については劇場にお問い合わせください。

四日市公演

両回完売しました。当日券の販売については劇場にお問い合わせください。

東京公演

FAQ

ご観劇について

・車イスでも観劇できますか?
全ての会場で車イス席をご用意しております。
[大阪・東京公演]お問合せ:キューカンバー 075-525-2195
[北九州公演]お問合せ:北九州芸術劇場 093-562-2655
[四日市公演]お問合せ:四日市市文化会館 059-354-4501(9:00-19:00)
・会場に駐車場はありますか?
[ABCホール]
駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用くださいますようお願いいたします。

[北九州芸術劇場]
専用の駐車場はありません。リバーウォーク北九州ほか周辺の駐車場をご利用ください。公演時には、劇場ロビーにてプリペイド式の「リバーウォーク北九州割引駐車券」を販売しています。
リバーウォーク北九州本館6F駐車場から劇場入り口エリアへは直接つながっておりません。一旦5Fで降りて下記地図の劇場側エスカレーター・エレベーターから6Fへお上がりください。
土休日には周辺道路、駐車場が大変混み合います。開演時間までゆとりを持ってお越しください。

[四日市市文化会館]
お越しの際は、文化会館駐車場の混雑予想をご参考の上、公共交通機関の利用にご協力お願いします。 駐車場の駐車可能台数は約400台です(無料) 。
満車の場合、近隣の民間有料駐車場へお願いします。周辺道路は駐車禁止です。 JA駐車場をご利用のお客様には、文化会館の第4駐車場まで満車となった日に限り、1時間分の 無料サービス券をお渡し致します。19:00までに文化会館事務所で「JAパーキング駐車券」を ご提示ください。

[東京芸術劇場]
地下連絡通路で、池袋駅に直結する「公共有料駐車場」がございます。営業時間:7:00~24:00(入場は23:30まで)、駐車料金:30分毎300円 当日最大料金:2,400円、バイク駐車もご利用頂けます。
東京芸術劇場当日鑑賞入場券を出口の係員にご提示いただくと「30分サービス券」を進呈しております。
・どのくらいの時間に会場に行けば良いですか?
各会場、お席には30分前からお座りいただけます。すでにチケットをご購入のお客様は、開演時刻までにお席におつき下さい。開演時間を過ぎますと、指定のお席にご案内できない場合がございます。気持ちよくご観劇いただけるよう、余裕を持って劇場までお越し下さい。
・パンフレット・グッズなどは販売していますか?
『ハテノウタ』公演パンフレット、過去のDVD、関連戯曲集などを劇場ロビーで販売いたします。
・会場で飲食はできますか?
会場内では飲食をご遠慮いただいております。ロビーにてお済ませ下さい。
・何歳から観劇できますか?
大阪・北九州・東京公演は、未就学のお子様のご入場はお断りしております。
四日市公演は、3歳以上からご入場いただけます。
・託児サービスはありますか?
北九州・四日市・東京公演は託児サービスがございます。(有料・定員有・要予約)
[北九州公演]お問合せ:北九州芸術劇場 0120-400-829 / 093-882-5063(9:00-19:00受付)
[四日市公演]お問合せ:四日市市文化会館 059-354-4501(9:00-19:00 / 3月11日まで受付)
[東京公演] お問合せ:小学校集英社プロダクション 03-3981-7003(平日10:00-17:00)


MONOでのチケット購入について
※その他のプレイガイドは各プレイガイドにお問合せ下さい。

・チケットはいつまで購入できますか?
MONOの先行販売は1月7日(土)10:00-1月12日(木)23:59までご購入いただけます。
一般発売以降は、お席がある限り、各公演日の前日までご購入いただけます。
・キャンセル・変更はできますか?
すでにお支払いが完了されたチケットに関しては、変更及び払い戻しはできませんので、ご了承下さい。
・期限までにチケットの引換えができませんでした。どうすれば良いですか?
セブン-イレブン支払いを選択した場合、インターネットやお電話でご予約いただいてから1週間が過ぎますと、自動的にキャンセルとなります。もう一度最初からお求め下さい。
・当日券の有無は事前に分かりますか?
MONOofficial Twitterでご案内いたします。
・初MONO特典は、どのように受け取れますか?
当日、チケットの半券を持って、グッズ販売コーナーにて「初MONO特典」のご利用を、お申し付けください。簡単なアンケートと、今公演で利用できるグッズ割引券(500円分)をお渡しさせていただきます。
初MONO特典は、大阪・北九州・東京のみの取り扱いとなります。ご注意ください。
・ペアチケットとは何ですか?
ペアチケットは「座席指定引換券」です。チケット購入後にお引き取りいただいた「座席指定引換券」を公演当日に受付にご持参ください。 座席を指定したチケット(2枚)と交換いたします。
「指定席チケット」と「ペアチケット」を混ぜてご購入いただく場合、並びのお席をご用意することはできません。ご了承ください。
お並びのお席が必要な場合は、指定席(一般 / 25歳以下の方はU-25チケット)をお申込みください。
ペアチケットは、東京・大阪公演のみの取り扱いとなります。ご注意ください。
・ペアチケットの場合、初MONO特典はどうなりますか?
ペアチケットをご利用の場合、ご一緒に見られる方のお一人が「初めてMONOを観る」方であれば、お二人にグッズ割引券をプレゼントさせていただきます。
・U-25チケットとは何ですか?
来場時に、満25歳以下となる方を対象とした割引チケットです。入場時に「証明書」を、ご提示いただきます。ご提示いただけない場合は、一般料金との差額をお支払いいただく場合がございます。